七五三を迎えました!食事はどうしますか!?

七五三とはどのようなお祝いでしょう

七五三とは子どもの成長を祝って神社や寺に参拝する年中行事です。11月15日が七五三の日と言われていますが、今では両親の都合や天気などを考慮して11月の土日のどこかで行われることが多いです。三歳は「髪置きの儀」五歳は「袴儀」七歳は「帯解きの儀」と言われていて、昔はそれぞれの歳になったらすることなどを祝って行われていました。今ではそれらの意味合いは薄れてきて晴れ着を着て参拝することがメインとなってきました。

七五三には親戚で一緒にでいきましょう

七五三は子どもの成長をお祝いするものです。なので、両親だけでなく、親戚なども呼んでしっかりとお祝いをしましょう。一緒に参拝をした後には一緒に食事をすることも多いものです。その時にはお礼の気持ちをこめておしゃれなレストランや大人数が入れる場所を選んで行うのが良いでしょう。もちろん主役は子どもなので、子ども連れが良いところを選びましょう。子どもが食べやすく、好きなメニューがあるところを選ぶと良いでしょう。

七五三のレストラン選び

七五三の後の食事会は子どもと一緒に行ける場所を選びましょう。今では七五三用にお祝いの食事を出してくれるところもあります。子どもが少し騒いだり、声を出したりしても大丈夫な場所にすると子どもも伸び伸びと過ごすことができますし、親戚なども子どもの成長を見ることができ、喜ばれるでしょう。また、いろいろと催しをしてくれるところなどもあるので利用してみると良いです。そして、自宅や参拝したところの近くのレストランを選ぶと子どももストレスが少なく元気に過ごせるでしょう。

七五三のレストランは、和食のメニューが豊富な店舗に人気が高まっており、子供向けの料理の種類に着目をすることが大事です。