目に優しい、屋上緑化で得られるメリットとは?

冷房費が安く済むというメリット

近年、個人の家だけでなく、デパートや企業などでも屋上緑化を進めているところが多くあります。メリットの一つとして、建物が太陽の光に直接さらされないので、冷房費が安く済むということが挙げられます。緑が光の熱を吸収し、空気中に向かって柔らかく跳ね返してくれますので、今までのようにどんどん建物の気温が上昇するということが無くなるのです。見た目の美しさももちろんですが、経費節減にも大きなメリットがあるのですね。

地球にやさしい効果がある

屋上緑化のメリットとして、地球の温暖化を防いでくれるというものがあります。緑は、温暖化を進める二酸化炭素を吸収して酸素を吐き出してくれるのです。酸素は人間にとっても、なくてはならないものです。人口の密集した地域では、どうしても緑が少なくなってしまう傾向にあります。ですので、そのビルを活用して屋上緑化を進めるという方法は、非常に合理的だと言えます。温暖化を防ぎ、人間の体にも良い効果を与えるものだと言えるでしょう。

建物の劣化を防いでくれる

いくら美しく頑丈に設計されたビルでも、月日には勝てません。年数を重ねるごとに、段々と劣化が進んでいきます。雨風や容赦ない太陽の光にさらされていれば、劣化するのは当たり前でしょう。しかし、屋上を緑で覆うことにより、建物と外界に1枚のシートのようなものが出来ることになり、直接の雨風や光を受けなくて済むようになります。それが建物の劣化を緩めてくれ、最終的には建物の保存に一役買ってくれることになるのです。

屋上緑化とは屋上に芝や植物を植え緑化することで、省エネルギー効果や地球温暖化の防止などさまざまなメリットがあります。