結婚指輪の雰囲気が変わる!?表面仕上げの選び方

鏡のようなツルピカの輝き!一番人気のミラー仕上げ

結婚指輪はオーダーの形態によって、素材や石だけでなくリングの表面をどのように加工するかを選ぶこともできます。とはいってもどれを選んだらいいか迷っているという方もいると思います。特にこだわりがない場合にオススメなのは、ミラー(鏡面仕上げ)です。表面をツルピカに磨いて鏡のように仕上げた加工です。結婚指輪の表面仕上げの中では最も人気があります。また、マット加工したものよりも傷が目立ちにくいというメリットもあるので、どんな仕上げがいいか決まらないという方には選んでみるといいでしょう。ブランドによってはメタリック仕上げやポリッシュ仕上げともいわれています。

マット質感ならホーニング仕上げとヘアーライン仕上げ

ピカピカなのもいいけど少し落ち着いた輝きの方がいいという場合にオススメなのは、ホーニング(マット加工)仕上げとヘアーライン仕上げです。ホーニング仕上げは地金に細かい無数の傷をつけることで金属のツヤを抑えたものです。あまり光を反射しないため、しっとりとした柔らかい輝きを放ちます。ヘアーライン仕上げは細かい直線を円の方向に無数に入れたもので、落ち着きのある仕上げです。マットな質感ですが、ホーニング仕上げよりは輝きがあります。クールな雰囲気の加工のため、男性にも人気がありますよ。

オリジナリティならハンマー仕上げとサティーン仕上げ

せっかくの結婚指輪なので、他の人と被らないような個性的なものがいいという場合には、ハンマー仕上げやサティーン仕上げをオススメします。ハンマー仕上げは文字通り、地金の表面をハンマーで叩いて模様をつけるものです。職人が手作業で加工するため、ランダムな模様になります。そのため一つとして同じものがないオリジナルの結婚指輪に仕上がりますよ。サティーン仕上げはサテン生地のようなツヤを楽しめる仕上げです。銅線を束ねた器具でツヤが出てくるように加工するため、上質な手触りの結婚指輪になりますよ。結婚指輪は表面仕上げでガラッと雰囲気を変えることができるので、気になった方はオーダーのときに希望の仕上げを伝えてみるといいでしょう。

結婚指輪は最新のコレクションが揃っているのでオンラインショップで指輪を購入してください。シンプルなデザインも多いので若者にも人気です。